正中線の消し方

正中線の原因は色素沈着

 

妊娠するとおへそに縦に一本の黒い線が入ります。

 

これが正中線と呼ばれるものとなります。お腹にできる為、肉割れや妊娠線と間違えられることも多いです。

 

正中線ができる原因はメラニン色素の色素沈着です。お腹の黒ずみとも呼ばれますが、原因は顔にできるシミと変わらず肌への刺激です。

 

特に妊娠中に関しては女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンの分泌量が乱れてしまいます。そのため、肌機能が低下をすることで肌力が低下をする原因となります。

 

バリア機能も上手く働かないので、刺激を与えれば、メラニンが分泌され色素沈着を起こしてしまうのです。もともと正中線は誰にでもあるのですが、妊婦はそのラインに沿って黒ずみができてしまいます。

 

正中線は自然と消える?時間が解決をするのか?

 

多くの人が気になるのが正中線は自然と消えるかではないでしょうか?

 

正中線は出産をして、ホルモンバランスの乱れが正常になるにつれ薄くなることは多いです。肌力が回復するようになり、ターンオーバーが正常に行われるようになってきます。

 

そのため、色素沈着をしている古い皮膚は剥がれ落ち、新しい皮膚が形成をするようになります。

 

ようするに正中線にそって色素沈着していた古い皮膚が落ちることで、だんだんと色は薄くなっていくのですね。ただ、誰しもがキレイに消えてくれる訳ではありません。

 

妊娠後に肌ケアがどこまでできているかによって変わってきます。女性ホルモンのバランスが妊娠時よりもましになったとしても、肌のケアができていなければ正中線は黒ずみとして残ってしまうこととなるのですね。

 

正中線の消し方!正中線のケアでターンオーバーを促進させる

 

正中線を消したいのであれば、肌力を高め、ターンオーバーの働きを促進させることが大事となります。

 

また、美白成分が配合されたものを使うと特に良いです。産後でも刺激を与えるとメラニンは分泌されてしまいます。そのため、色が更に黒くなってしまうので、メラニンの抑制も同時にケアとして行った方が良いのですね。

 

正中線ケアの方法としてはボディクリームを使うようにしましょう。

 

毎日、お腹のスキンケアを行うことで肌力を高めましょう。最近では正中線用のケアクリームも販売がされています。このサイトで紹介をしているメイドバイマムクリームもそのひとつです。

 

美白成分だけでなく、保湿成分なども配合がされている為、肉割れ対策としての利用も可能です。肉割れクリームだと美白成分は配合していませんが、正中線用のクリームであれば美白と保湿の2種類の成分が配合されています。

 

そのため、肉割れケアと正中線ケアの両方を同時に行うことができます。

 

メイドバイマムクリームについては口コミなどを下記のページで紹介をしています。興味のある方はご覧ください。
メイドバイマムクリームの口コミ